化粧崩れ 原因 毛穴

化粧崩れで困る女性

化粧崩れは本当にイヤですよね。

 

ここまで毛穴の開きが化粧崩れの原因になるお話を続けて来ましたが、そもそも「化粧崩れ」の原因は? と思ってませんでしょうか。

 

ここで改めて化粧崩れについて解説して行きたいと思います。

 

化粧崩れとは?

改めて説明すると、化粧崩れとはこんな状態を指します。

 

  • ファンデーションが剥がれて、鼻や頬がテカテカになっている
  • ファンデーションが肌から浮いて、小鼻の横やシワに寄っている
  • アイメイクが滲んでいたり、取れている
  • リップが取れてしまっている

 

文字通り化粧が崩れてしまった状態です。ファンデーションだけでなくアイメイクも崩れてしまっては台無しですよね。リップも唇の色艶が良く無いと悲しい状態になってしまいます。

 

メイクをし直せば良いのですが、会社のお昼休みに全てをやり直すのは難しいですよね。だから、できるだけ化粧崩れをしないのが望ましいのです。

 

困るのはファンデーションですが、ちゃんと原因が有ります

アイメイクは涙で落ちたりする事も有るかも知れませんが、そもそも会社には、そんなにバッチリアイメイクじゃないでしょう。リップは塗り直せば済む話です。やっぱりファンデーションが問題なのです。

 

このファンデーションが剥がれたり浮いてしまったり困りものですよね。一つの原因は、ファンデーションが科学的に合成された異物だから、肌から分泌された皮脂で剥がれてしまうからです。

 

逆に、ファンデーションが剥がれないようなペンキのような塗料だと困りますし、自然界の木になるようなモノでは有りませんから、剥がれるのは仕方が無いですよね

 

肌に吸着する高機能なファンデーションも有りますが

やっぱり化粧崩れは困りますので、各メーカーがこぞって、肌に密着して剥がれにくく、それでいて美しいファンデーションを日夜開発しています。

 

皮脂を吸着する物質が入ったファンデーションなんかも流行っていますよね。肌にしっかり密着して余分な皮脂を吸収するタイプも増えています。

 

もちろん一定の効果は有りますよ。でも、その効果には限界が有ります。ファンデーションは夜にはキレイに落とす宿命に有りますから難しいのです。

 

結局は素肌をしっかりケアするのが王道なのです

これからも良いファンデーションは出てくるとは思いますが、結局は皮脂が過剰分泌しないようにスキンケアでバッチリ対策するのが王道なんです。

 

毛穴から余分な皮脂が分泌されなければ、ファンデーションが皮脂で崩れる事も無いからです。そもそもの原因は皮脂ですので。

 

それにスキンケアで美肌になれば、ファンデーション自体も薄く付けるだけで済みますので、化粧崩れも起きにくくなりますからね。

 

ポイントとなるのは毛穴ケアです

ここでポイントとなるのは毛穴ケアです。毛穴が目立つとどうしもファンデーションが厚塗りになります。それに毛穴が開いているファンデーションが毛穴に落ち込んだりしますからね。

 

そして、毛穴の開きが原因で、その穴にファンデーションが落ち込んだりします。さらに、そのファンデーションに向かって皮脂が余計に分泌されたりする悪循環です。

 

やっぱり、毛穴が目立たない肌こそ美肌と言っても良いのです。ファンデーションも毛穴のデコボコをカバーしたり色味を良く見せるのが目的ですからね。だから、しっかり毛穴ケアが重要なのです。

 

毛穴を根本的にケアして化粧崩れを防ぐのが王道なんです。


化粧崩れは毛穴落ちと毛穴浮きが有ります

化粧崩れの説明に納得する女性

せっかく、朝、バッチリとメイクを決めているのに、夕方近くになるとギトギトの化粧崩れ... こうなると本当に気分が下がりますよね。

 

化粧崩れは本当に困りますが、化粧崩れには「毛穴落ち」と「毛穴浮き」が有るのをご存じでしょうか。何となく違いを知らない人も多いと思いますので、ここで説明します。

 

違いを理解すれば、どんな対策が必要かも納得できますよ。

 

そもそも化粧崩れとは

ファンデーションなど化粧品が、肌から落ちたり美しくない状態に崩れるのが化粧崩れです。でも、化粧で有る限り、化粧崩れは完全に避けるのは難しいです。

 

それはお化粧品が科学物質で、肌の上に乗っているだけの状態だからです。ペンキのように肌に完全にくっ付けば良さそうですが、それだと夜にメイクを落とす事も出来ません。

 

でも完全にメイクを落とせないようにするのは無理としても、朝から帰ってくるまでの間、メイクが美しさを保てれば十分なのですから、それに向けていくらでも工夫はできますよね。

 

毛穴落ちとは、毛穴にファンデーションが落ち込む事です

と言うことで、化粧崩れのタイプによって対策も変わって来ますので、ここでもう少し詳しく化粧崩れについて説明します。

 

まず、夕方になると鼻や毛穴がポツポツと目立つのが「毛穴落ち」です。正確には、ファンデーションが毛穴に落ち込んで、周りの皮膚と見た目の差が出来て、ポツポツと目立つ状態です。

 

つまり毛穴を隠すためにファンデーションを塗っているはずが、逆に毛穴が目立ってしまうのが毛穴落ちなんです。

 

毛穴落ちの対策は毛穴の状態を少しづつ改善して引き締めます

毛穴にファンデーションが落ちると言うことは、毛穴が開いた状態である事を意味します。だから毛穴の開きをしっかり引き締めて、穴にファンデーションが落ちないように対策が必要です。

 

ただ、毛穴を引き締めると言っても、短い時間で有れば、引き締め効果のあるスキンケアですぐに引き締まりますが、常に毛穴が引き締まってないと毛穴落ちは防げませんよね。

 

だからしっかりポイントを押さえた毛穴ケアを地道に続けるのが効果的なんです。

 

毛穴浮きとは、毛穴が盛り上がっているためにファンデーションが浮く状態です

そして「毛穴浮き」はまた違った状態です。毛穴から皮脂が分泌されて、毛穴に乗ってたファンデーションがポツポツと浮き上がった状態です。明らかに皮脂の過剰分泌が原因なのです。

 

毛穴が飛び出して浮いてしまっている状態が「毛穴浮き」なんです。時間の経過と共に、毛穴から皮脂も分泌されて、毛穴のファンデーションも落ちてしまう...

 

完全に悪循環ですよね。「毛穴落ち」とは少し異なりますが「毛穴浮き」も結局は時間の経過と共にメイクが台無しになるのです。

 

毛穴浮きの対策は、皮脂コントロールが重要です

メイクを浮かびあがらせるくらいに、皮脂が過剰に分泌されるのが問題なのですから、徹底した皮脂ケアが重要なんです。余分な皮脂が分泌されるのを抑制します。

 

ここでもしっかりポイントを押さえた毛穴ケアが必要となって来ます。毛穴落ちも毛穴浮きも毛穴ケアが必要なのは同じなのですが、毛穴浮きの場合、より皮脂コントロールが強いスキンケアが必要です。

 

ついでに毛穴が飛び出さないように角栓を除去すれば良さそうですが

角栓は毛穴が詰まってポツポツと盛り上がっているのですから、これを除去すれば良さそうですよね。でも、安易に毛穴パックを使ったり、指やピンセットで皮脂を押し出すのは厳禁です。

 

角栓を押し出すとスッキリしますが、角栓が出た後は穴がポッカリ。ここにバイ菌が入るとトラブルの元です。角栓を押し出したいのはグッと我慢して、スキンケアでじっくり対応します。

 

そもそも、皮脂や過剰に分泌されて、古い角質と混ざりやすい状態なのが、角栓の元です。ですから、この原因をスキンケアで対策しないと、いつまでも変わりません。角栓を取っても、すぐに新しい角栓が出来るだけです。

 

だから、ここでもポイントを押さえた毛穴ケアが効果的なんです。とは言っても、詰まった角栓は出来るだけ早く何とかしたいですよね。ですから、毛穴浮きの場合は蒸しタオルで毛穴ケアも一緒に行うと効果的ですよ。